必要な知識とは?

自分のスキルで起業したいのならば、最初はやはり気持ちだけでなく、難しい専門的なことを猛勉強してその道の専門家になるまで知識を蓄えておいたほうが良いでしょう。
もし外注先が急に倒産など様様にありえます。税理士を入れるにしろ、ある程度の経理の知識は経営者として必須といえるでしょう。
経理や管理システムなど自分でなんとかできるレベルまで勉強しておきましょう。簿記の知識や試算表を読む知識がない場合、
銀行からの融資を断られることもありますので気をつけましょう。
あとソフトの操作も学んでおく必要があります。いまの時代に請求書が手書きでは、格好がつきませんよね。請求書関連/経理関連/給与関連は、最低抑えておきましょう。
ホームページ作成も必須でしょう。経費削減で自力で作ろうとする方もいますが、ここは経費を使うべきところで中途半端なものにならないように、
しっかりプロにお願いすることをお勧めします。ホームページを作成することで、もっとこういう情報を載せたっほうがいいなど客観的に会社のことを見る事もできます。
ホームページを作成して会社を辞める前にインターネットへ掲載した場合、副業をしていたと訴えられる場合もありますので、準備は起業前、掲載は起業後が良いでしょう。

ビジネス書を読んだり、セミナーを受けたりして知識を増やしてみてください。
よくある異業種交流会は仕事や人脈を欲しがっている人が多く、経営者としての知識を増やすための勉強会としては役に立たないこともあるようです。
知識はしっかりと人に話したり教えてあげたりするなど実践的にアウトプットするほうが良いでしょう。話す人はまず自分が信用出来る相手を選びましょう。

投稿を作成しました 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です